浅草寺史略年表
西暦 年号 将軍 浅草寺史略摘要
628 推古36 足利義満

3月18日浅草の漁師、檜前浜成、同竹成の兄弟、江戸浦(隅田川)に漁撈中、網に一躰の仏像を感得す。これを聖観世音菩薩と見分した郷司土師中知は、自ら出家して私宅を寺となし、観音像を奉安供養す。浅草寺の開創
別伝として十人の草刈り童子がアカザで草堂を造る。

645 大化1 勝海上人浅草寺に留錫して本堂を修造す。なお本尊の夢告により、以来永代秘仏と定めて厨子に納む。
857 天安1 円仁(慈覚大師)浅草寺に留錫し、聖観音像を刻し、本堂に納む。世に御前立の本尊と称す。
また御影板木も刻す。
942 天慶5 安房守平公雅堂塔伽藍を再建して、田園数百町を寄進す。
1041 長久2 12月22日浅草寺本堂大震災により倒壊す。
1051 永承6 寂円上人の尽力により本堂再建成る。
1070 延久2 八幡太郎義家奥州征討の途次、浅草寺に詣で戦勝を祈り榧(かや)の樹を植える。
1079 承暦3 12月4日浅草寺炎上。 その後、万人を勧進して再建す。
1142
1155
不詳 (久安2年?)源義朝浅草寺に参詣あり、承暦の火災時本尊のご避難されし古榎材をもって聖観音像(現存)を彫らしめて奉安す。
1169 仁安4 6月浅草寺本堂修造成る。
1180 治承4 源頼朝平家追討の戦勝を浅草寺に祈願す。
1285 弘安8 1月武州金沢称名寺第2世剣阿上人浅草寺に詣で、七律の詩文を頌す(金沢文庫に現存)。
1378 永和4 12月13日浅草寺炎上す。
1387 至徳4 5月3日浅草寺の鐘を鋳造す。
1398 応永5 義持 定済上人により浅草寺再建成る。
この頃「浅草寺縁起」(応永縁起)成立す。
1462 寛正3 義政 1月12日雷火により浅草寺炎上す。
1472 文明4 (この間既に浅草寺本堂再建)
1493 明応2 義稙 浅草寺炎上す。月日不詳。
1535 天文4 8月18日浅草寺炎上す。
1539 天文8 義晴 小田原北条氏綱、浅草寺を再建す。造寺奉行は川越城主大導寺駿河守なり。
1572 元亀3 義昭 浅草寺炎上す。月日不詳。
1581 天正9   10月15日北条氏直浅草寺を再建修造す。
1590 天正18 (秀吉) 4月徳川家康浅草寺を祈願所に、増上寺を菩提所に定むと命あり、浅草寺に寺領五百石を寄進す。
1616 元和2 徳川秀忠 家康持仏の聖観音像を浅草寺に納む。
1618 元和4   4月17日秀忠浅草寺境内に東照宮廟を建立す。家康娘婿の浅野但馬守長晟「石橋」を寄進す。
この折随身門(現在の二天門)も成る。
1631 寛永8   4月2日浅草寺炎上す。
1635 寛永12 家光 2月本堂再建成る。この頃小堀遠州により伝法院の作庭成る。
1636 寛永13   2月22日家光浅草寺に参詣し護持の聖観音像を納む(将軍の参詣度々あるも以下略)。
1642 寛永19   2月19日門前町家の失火により浅草寺炎上す。
1644 正保1   この頃幕医板坂卜斎浅草寺領内砂利場に日本最初の公共図書館「浅草文庫」を設ける。
1648 慶安1   12月13日五重塔再建成る。
1649 慶安2   12月21日浅草寺本堂・仁王門再建成る。
1654 承応3 家綱 3月浅草寺初めて開帳を執行す。江戸にては最初の寺院開帳なり。
1662 寛文2   9月上州沼田城主滋野伊賀守信澄「浅草寺縁起」絵巻7巻を狩野氏信に描かしめて奉納す。
1672 寛文12   5月13日霊元天皇より勅願所の綸旨を賜る。
1692 元禄5 綱吉 9月18日より30日間本堂大修復成り、落慶開帳を営む。
1712 正徳2 家宣 1月12日より18日に至る昼夜不断の温座陀羅尼秘法を初めて修す(一時期中断あるも、1728年再興されて今日に至る)。
1721 享保6 吉宗 9月17日浅草寺本堂大修復成り、本尊遷座供養あり。
1772 安永1 家治 2月29日目黒行人坂より失火、江戸大火となる。伝法 院焼失、古文書など多くを焼く。
〔安永6年(1777)伝法院再建〕
1827 文政10 家斉 3月18日より50日間開帳を執行す(本尊示現1200年目に付)。
1840 天保11 家慶 10月13日浅草寺本堂大修復成り、本尊念仏堂より遷座す。
1865 慶応1 家茂 12月12日浅草田原町より失火あり、雷門及び山内支院14 ヶ院を焼く。
1871 明治4   9月貞運尼元版一切経を寄進す。同月輪蔵成る。
1897 明治30   10月菊供養の行事初めて営まれる。
1910 明治43   8月大洪水あり、境内に避難中の傷病者に医療を行う。
浅草寺救護所(現在の浅草寺病院)を創設す。
1911 明治44   4月17日本堂並に五重塔国宝建造物に指定さる。
5月11日仏教青年伝道会堂新築成る。
1923 大正12   7月施無畏学園(少年保護施設)創設。
9月1日大震災により念仏堂諸堂舎焼失。10月13日附近小学校開校あるまで私設浅草寺小学校を開設す。
引 続き労働者宿泊所、託児所、児童図書館等を伝法院内に創設す。
1933 昭和8   3月17日本堂修復成る。
4月1日より50日間落慶開帳を営む。
1945 昭和20   3月10日未明の戦災により、本堂、仁王門、五重塔輪蔵其他炎上す。
11月18日仮本堂落慶。
1946 昭和21   11月29日二天門国宝建造物に指定さる(昭和32年の法改正で重要文化財指定)。
1950 昭和25   4月22日本堂再建勧進水戸出開帳行われる(昭和29年迄各地19回にわたる)。
1951 昭和26   5月19日新本堂起工す。
1958 昭和33   10月17日新本堂落慶。記念開帳45日間行われる。
1960 昭和35   5月1日雷門慶応元年の焼失以来95年ぶりに落慶す。記念式典3日間行われる。
1964 昭和39   4月1日宝蔵門(旧仁王門)落慶。記念開帳30日間行われる。
1966 昭和41   3月18日仏舎利(五重塔奉安)スリランカ国、王立イスルムニア寺院より奉祀される。
1973 昭和48   11月2日五重塔院落慶。記念式典15日間行われる。
1978 昭和53   3月17、18、19日・10月15日~11月15日の間、本尊示現1350年記念開帳を執行す。
1983 昭和58   3月28日弁天堂落慶す。
1985 昭和60   10月18日より11月4日まで、本尊遷座30周年記念開扉法会が行われる。
1987 昭和62   3月17日本堂修復成る。
三十三萬巻観音経写経満願、引続き百萬巻写経運動を行う。
1994 平成6   本堂西側境内地整備工事完成す。工期平成5年4月1日~6年10月15日。
10月18日~11月18日の間、慈覚大師円仁ご生誕1200年を慶し、「中興開山慈覚大師鑽仰大法会」を執行し、10月31日より11月6日までお前立ご本尊のご開扉が行われる。
10月20日影向堂落慶、10月26日写経供養塔落慶す。
2003 平成15   11月19日駒形堂落慶す。
2005 平成17   12月5日普門会館落成す。
2006 平成18   宝蔵門屋根チタン瓦葺き替え、並びに外壁修復成る。
2008 平成20   10月15日~11月16日、本堂落慶50周年記念大開帳を執行す。
2009 平成21   二天門・二天王像が慶安2年頃の姿に復元・修復成る。
2010 平成22   平成本堂大営繕成る。
本堂屋根チタン瓦葺き替え、外壁塗装、錺金物修復など。
工期平成21年2月~平成22年11月。
平成本堂大営繕完成記念法会、12月7日~19日。
2011 平成23   9月21日伝法院庭園国指定名勝に指定さる。

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.