牛玉加持会
日程 1月5日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細を掲載する予定です。
 初詣の参拝が続く正月5日、本堂では「牛玉加持会」という法会が行われます。この法会はご本尊の種字(しゅじ:ご本尊を表す梵字)を刻んだ宝印(印判)を額に押すもので、お導師の唱える表白文(ひょうびゃくもん:法会の趣旨を述べる文)によれば、この印は罪を滅して極楽に往生し、災難を除き、人々に喜びを与える力があるとされます。
  法会は最初に「牛玉宝印(ごおうほういん)」と「牛玉札(ごおうふだ)」のお加持がなされ、この間、仏名師(ぶつみょうし)により「仏名・教化(ぶつみょう・きょうけ)」という声明(しょうみょう)が独りで唱えられ、その後、一山住職による『観音経』『錫杖文(しゃくじょうもん)』の読誦により加持法要は一段落します。
  これに引き続いて「牛玉宝印押し」が始まります。これは「五ヶ所宝印」とも称されて、初めに中央のご本尊に向かい、観音さまのご真言を唱えつつ宝印を捧げ、次に東北に向かい不動明王と三社権現(浅草神社)に、次に西北に向かい愛染明王に、次にその年の恵方の歳徳神に、最後に皇居の方位を向いて玉体に押印する形をとります。五ヶ所宝印が終わると宝印を包んでいる奉紙がはずされ、錦袋に納めた形で浅草寺住職〔貫首(かんす)〕以下、一山住職に押印され、最後に「牛玉札」が授与されて法会は終了します。その後、希望されるご信徒にも宝印が押印されるので、この日は宝印押しや牛玉札を求めるご信徒で賑わいます。
 

新年の厳かな雰囲気に本堂が包まれる。 ご宝前に置かれた「牛玉宝印」(奉紙に包まれる) 「牛玉宝印」と「牛玉札」のお加持がこれから修される。
「五ヶ所宝印」の後、浅草寺僧侶への押印が行われる。 堂内ではご希望のご信徒の方々に随時宝印のお加持が行われる。 火防・盗難除のご利益の「牛玉札」は1月5日に限り授与される。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.