修正会
日程 大晦日~1月6日
場所 本堂
行事日が近づきましたら、「今月のお知らせ」にて詳細を掲載する予定です。
 一年も終わりを告げる大晦日、「修正会」と呼ばれる7日間の正月祈祷が始まります。修正会とは「正月に修する法会」といった意味で、実りの象徴となる鏡餅をお供えして感謝の心を表し、あらためて観音さまに新年の天下泰平・五穀豊穣などを祈願するものです。
  法会は僧侶が「観音秘密供養法(観音密供)」を修するなか、道場を清めて諸仏を迎えるために「散華(さんげ)」と呼ばれる花びらを散じる儀式から始まります。そして、散華が終わると同時に本堂内全体に鉦(しょう)や太鼓、拍子木(ひょうしぎ)の音が鳴り響き、その乱声(らんじょう)のなか、僧侶の内の2人が正面に出て、1人が鬼面を、1人が柳の杖を取り「追儺(ついな)」の儀式が始まります。追儺とは災厄の象徴となる鬼を追い払うもので、この時鳴らされる大きな音も、実は災厄を追い出すためのものです。2人の僧侶はご本尊さまに一礼し、続いて杖役の者は杖が折れんばかりに床を叩きながら鬼を追いかけ、御宮殿(ごくうでん)〔ご本尊を納めているお厨子(ずし)〕の周囲を3周以上(奇数回)駆け巡ります。時には杖の先端が折れて、弾け飛ぶこともあり、それを縁起物として大切に持ち帰るご信徒もいるようです。
 

「観音秘密供養法(観音密供)」が厳修される。 道場を清め、仏をお迎えするべく散華が献じられる。 鬼と追儺役の僧侶が堂内を巡る。
追儺役の僧侶は柳の杖が折れんばかりに床に叩きつけながら、鬼を追いたてる。 災厄の象徴である鬼を追い出すことで儀式が終了する。 災厄を象徴する鬼の面。
年中行事の一覧に戻る

〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
諸堂は、午前6時の開堂~午後5時の閉堂となっております。(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)
TEL 03-3842-0181(お電話によるお問い合わせ時間は、日曜祝日を除く、午前10時~午後4時まで)

当ホームページで掲載の写真・イラスト等を無断で転写・複製することを禁じます。
(C)2008~ 浅草寺 all rights reserved.